逃げるのは絶対にNGです


必要に迫られてついしてしまった借金。特にカードローンは手軽にできますから、どうしても頼りたくなりますよね。
もちろん返済しなければならないのはわかっているけれど、これまたついつい返済が遅れてしまうこともあるかもしれません。
もし返済が遅れてしまったらどうなるのか。
ここでは、実際にカードローン返済が遅れてしまった人たちの証言を集めてみました。
具体的なアドバイスもありますので、滞納してしまいそうな人は参考にしてください。

怖くなって逃げたくなりました

30代の男性です。
当時、建築関係の仕事を父親と一緒にしていました。
現在33歳で妻とお腹に女の子を身ごもっている3人家族です。世帯年収は300万に満たないくらいの平凡な家庭です。

なぜ借金をしましたか?

当時は父親と私の2人暮らしでした。
ある日、公共料金がポストに投函されていて、なんとなしに封を切って中を取り出し見てみると請求書が。
料金が確か半年くらい5万円程度滞納していて、焦った私は急いでカードローンでお金をおろし支払いました。

どこのカードローンを利用?

UFJカードローンです。

借入額と滞納額はどれくらい?

5万円です。

滞納したらどうなった?

ローン会社から通知が続き、それでも支払いは滞り、そのうち委託会社からまた通知がきました。
最終的に通知金額は倍ほどになりました。

どう対応しましたか?

倍ほどになった金額を見て、すぐに携帯電話で連絡をし、支払い金額の交渉をしました。
月額5000円支払うと約束をして、いまだにコツコツ払い続けています。

滞納しそうな人にアドバイスを

社会に出て間もない頃で私も馬鹿なことをしました。
特に右も左もわかりませんから、毎月の支払いが遅れだすとどうしていいかわからなくなって、逃げたくなりますよね。
でも、確かに借りたものは返すのは当たり前です。責任も義務もあります。
だから、逃げる前に現実を見つめなおしてください。
収入と支出のバランスは? 仕事をふやす? 間違っても「逃げる」はNGです。意味がありません。
見てみぬふりをしても、その事実はなかったことにならないし、ずっと逃げ続けなくてはならなくなります。
もし滞納したら、先ず相談する相手は親や兄弟ではありません。
お金を借りてる会社へ連絡し、今の状況を知っていただき、支払い金額を相談すれば相手方も鬼ではありません。
きっと、相談に乗ってくれます。優しい人だと親身に聞いてくださる方もいます。
私もそうでした。最終的に1社ではなく3社からお金を借りてしまって四苦八苦していました。
でもちゃんと乗り切って、今は結婚もして1人目の子供がお腹の中にいます。
絶対に諦めないことと逃げないことです。どうすれば良いのか、今のご時世ネットでいくらでも情報があふれていますから。